アパートのローンOK

最小限主義。

本の内容としては作者の感性の話で、エッセイ!? 共感できるか出来ないか。

私としては、空を感じて生きたいには、激しく共感。
とりあえず、私は私の最小限を引き続き模索して行こう。

年末から進めていたお話もローンOKとなり、まとまった。

90平米の戸建てから、45平米のアパート。
マンションでなくアパート。

本の中に、新築でなく中古マンションを買えば、ローンは月10万! 心の解放感が・・・云々。とあったけれど、
それで言えば、私たちが選択した、手頃な中古アパートを買って、そこに住むは、ローンは家賃収入でほぼ相殺。

ローンからの解放感を感じたいのなら結構ありかも。と思っている。
駅近の戸建ては、予算オーバーだったし、1棟物のマンションも然り。

住環境として思うところもあるけれど、立地、学区とを天秤にかけて出した答え。

もっと経済力(信用)があったら、マンションを1棟買って、そこに住む。を選択していたと思う。

更に経済力があれば、戸建てにしたと思う。

最小限主義で考えて、家や土地を買う、は必要か不必要か? があると思うけれどね。

私は、モノの少ない、広い家に住みたい。

目標である。

ちなみに、子どもたちの感想は、狭い。
今までは、ボロイ家!と友だちに紹介していたが、今後は狭い家!と紹介されるかも。

さてさて、45平米に4人暮らしである。
急ピッチでモノを減らさなくては。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です